前口上

 今大道芸の世界では南蛮お手玉ジャグリング形態模写パントマイムなど、洋物ばかりがはびこっている。これに対し私たちが行っているのは、古来から伝わる日本の大道芸である。
 前者が芸を見せて投げ銭を得るのに対し、後者は芸では銭を取らず終わったあとで何らかの高品(薬、お札、バナナなど)を売って生業としていた。
 ところが近年になって、薬事法や道路交通法などが出来、芸(商売)を禁じられ、姿を消してしまった。
 このような大道芸を発掘し、記録・伝承・復活させようというのが私たち「日本大道芸・大道芸の会」である。皆さんの理解と積極的な参加を希望します。

2018年5月3日

来る5月3日、江東区深川江戸資料館 にて、「にほんの大道芸と物売り ~江戸から今に伝わる芸~」なる大道芸イベントを開催致します。

「にほんの大道芸と物売り ~江戸から今に伝わる芸~」

日時
平成30年5月3日(木・祝)開場13:00 開演13:30 終演16:00(予定)
出演
日本大道芸・大道芸の会
大道芸研究会
しげちゃん(バナナの叩き売り)
藤由越山(普化宗尺八院代・大師範)
会場
深川江戸資料館 小劇場(2F)・全席自由
入場料
一般1,200 円 こども(未就学児から高校生)100 円
*幼児で保護者の膝の上での参加は無料
お申込み・お問合せ先
3月10 日(土)から先着順受付 受付時間 9:00~17:00
江東区深川江戸資料館 TEL 3630-8625 FAX 3820-4379
〒135-0021 江東区白河1-3-28 HP https://www.kcf.or.jp/fukagawa/
【主催】 公益財団法人 江東区文化コミュニティ財団/江東区深川江戸資料館

当イベントのチラシです。
詳細を書いてありますので、ご自由にお使いください。